美容と睡眠の密接な関係について

「寝不足はお肌の大敵」とよく言われるように、寝ることと美容は深い関係にあります。
若々しい肌を保つためには、高価な化粧品を購入するよりも、まずは生活習慣を見直し良質な睡眠をとることが非常に重要になってきます。
人間は寝ている間に体の細胞が新陳代謝を行う仕組みを持っています。
肌の奥で生まれた新しい細胞が、時間をかけて古い角質を押し上げて新しい肌に生まれ変わり、この一連の流れをターンオーバーと言います。
このターンオーバーには「成長ホルモン」が深く関わっていて、この成長ホルモンは寝ている間に分泌されているのです。
また、美肌に関係する女性ホルモン「エストロゲン」も寝ている間に分泌されている事が分かっています。
その為、良質な睡眠をとることで成長ホルモンやエストロゲンの分泌が増え、お肌の新陳代謝がよくなり美肌に繋がるのです。
良質な睡眠とは、夜10時から2時のお肌のターンオーバーが活発になる時間(肌のゴールデンタイム)に熟睡できるようにすることです。
この時間帯に熟睡していることでが美肌への近道となります。

the clinicの評判をチェック!リアルレポート

目元の印象を変える方法

メンズ脱毛
男性専用のサロンです

白髪脱毛を行う前に
白髪を知ることから始めてみましょう

最新記事

  • 近年、体の中からきれいになろうと言う、内面美容の需要が高まってきました。
    体の中からきれいにな...

    続きはコチラ

  • 人は寝ている時に日中に受けたダメージや疲れを回復させるため、しっかりと睡眠をとらないと肌荒れが起こる...

    続きはコチラ

  • 良い睡眠は美容と健康の基本です。
    しかし、日本人の約30パーセントが睡眠で悩んでいると言われて...

    続きはコチラ